レポート

Home > ボランティア > ホームステイについて

ホームステイについて

第57回IATSSフォーラム ホームステイプログラムホストファミリー募集について
⇒受付は終了しました。次回のホームステイは2017年10月に予定しており、2017年8月上旬ごろ詳細をお知らせします。

IATSSフォーラム ホームステイに関するQ&A

☆ ホストファミリーの応募資格はありますか?英会話ができないとダメですか?

 特に応募資格はありませんが、ホームステイ1日目の午前にIATSSフォーラム(鈴鹿サーキットホテル)まで研修生を迎えに来ていただき、2日目の夜に送り届けていただけることを条件にお願いしております。
 研修生は日本滞在中、英語を共通語として生活していますが、ホストファミリーの方の英語力は選定基準ではありません。
 東南アジアのことをもっと知りたい、研修生にぜひ日本文化を知ってもらいたい、積極的に交流したい、というお気持ちがあれば、ぜひ応募してください。

☆ホストファミリーは何組募集しますか?

 通常ですと東南アジア9カ国から各2名の計18名が来日しますので、各研修生につき1家族、計18家族をホストファミリーとして募集させていただきます。 なお、募集締め切り時点でご応募いただいたご家族数が募集を上回る場合は抽選とさせていただきます。

☆ホストファミリーの応募方法は?

 ホストファミリーをしていただくにはIATSSフォーラムのボランティア登録が前提となりますので、まだボランティア登録をされていない方は、こちらのホームページからボランティア登録いただくか、IATSSフォーラム事務局までお問い合わせください。(代表者のみのご登録で可・ボランティアの活動義務等はございません。)
 

☆募集されている日程は予定があり受け入れができませんが、どうしてもホストファミリーをやってみたいです。うちの家族だけホームステイを翌週に振り替えてもらえませんか?

 申し訳ありませんが、IATSSフォーラムのプログラムは全研修生がひとつのプログラムに参加するように組まれております。一部の研修生だけプログラムを変更することはできませんので、次回のご応募をお待ちしております。

☆ホームステイ中の事故、怪我や病気が心配です。

 ホームステイ中の万一の事故、怪我等に備えてホストファミリーの方を対象として、IATSSフォーラムにてボランティア保険に加入いたします。
 研修生たちも日本滞在中は別途海外旅行保険に加入しておりますが、ホームステイ中は皆さまで安全に、事故のないよう楽しくお過ごしください。
 また、研修生の運転経験にかかわらず、自動車・バイク等の運転は絶対にさせないでください。

☆外国では、お風呂の入り方が違うと聞きました。

 東南アジアでは、日本のように温泉などの公衆浴場や、家庭のお風呂で湯船に浸かるといった習慣はほとんどありません。しかし、大半の研修生はチームビルディング合宿や、通常の宿泊施設である鈴鹿サーキットホテルの温泉など、実際に公衆浴場の入浴も体験しますし、ホームステイ前には日本の一般家庭でのお風呂の入り方の説明も行いますので、事前の知識は備えています。研修生にとっては、入浴も貴重な日本文化の経験の場となります。しかし、お風呂の使い方には各ご家庭によっても違いがあると思われますので、各ご家庭にて入浴前に実際にご説明いただきますことをお勧めします。また、日本人のお風呂のお湯の温度は研修生にとっては若干高めのようですので、温度調節の仕方等もご説明いただきますようお願いいたします。

☆宗教上、豚肉が食べられない人がいるそうですが、その場合牛肉や鶏肉を用意したらいいですか?

 宗教によっては特定の動物の肉を食べることを禁じていたり、宗教の定めるお祈りを受けた肉しか食べない場合もあります。また、それ以外にも健康上の理由などから食事制限のある研修生もおり、個人によってさまざまです。ホストファミリーに決定された場合は、食事制限も含め、事務局から事前に研修生の情報をできるだけ詳しくお知らせしております。不明な点がございましたらIATSSフォーラム事務局にお問い合わせください。

☆うちにはベッドがありません。ふとんに寝かせるのはだめですか?

 「外国の方はベッド」と思いがちですが、ベッドでなくても結構です。ふとんと畳は日本式生活の象徴であり、かえって、日本の「ふとん」というものに一度寝てみたいと思っている研修生も多いようです。ふとんの上げ下ろしの習慣はホコリが溜まるのを防ぐと同時に、部屋を広く使うことができるという日本文化ですので、ぜひ研修生に紹介してください。

☆ずっと家に居るのも退屈させてしまいそうなので、どこかに出かけたいのですが、どこに行ったらいいですか?

 過去のホストファミリーの方によると、椿大神社、伊勢神宮などの神社やお寺、御在所岳や、地元の文化体験施設等へ行かれているようです。しかし、特別にどこかに出かけなくてはならないということはありません。ご近所のお祭りやイベントに参加、スーパーに一緒に買い物に行って、ご家庭で手料理を一緒に作る、お友達やご親戚を招いて交流を深めるのも、研修生の心に残る出来事のようです。
 また、中には実際にどこに行くのか、何をするのかを話し合ってから決めたかった、という研修生もおりましたので、いくつか選択肢をご用意いただき、一緒に計画を立てていただくのを楽しんでいただくのもいいかもしれません。

☆遊園地に行こうと思っています。研修生分の入園料などはどうしたらいいですか?

 ホームステイ中、研修生にかかる全ての費用をホストファミリーにご負担いただく必要はありません。しかしながら、日本のレジャー施設等の入場料は研修生たちの国の物価によっては格段に高いことがあります。どこへ行って何をするか、自分はいくら位の費用負担が必要なのかを知っておきたかったという研修生も多いため、事前にホームステイ中の計画を伝えておくか、研修生と一緒に行動計画を立てていただくことをおすすめいたします。

☆せっかくなので、研修生に何かプレゼントをあげたいのですが。

 研修生に贈り物を考えていらっしゃる場合は、現金や高価な衣類・宝飾品等はお控えいただきますようお願いいたします。記念に残るような写真や、心のこもった手作りの品などをお願いしたいと思います。また、各航空会社でも、航空機内への持ち込み手荷物、受託手荷物共に重量および容量には制限があるため、ご考慮いただけますと幸いです。

☆ホームステイで受け入れる前に研修生のことをもっと知りたい!

 1泊2日とはいえ、皆様のご家族の一員となる研修生なので、事務局ではステイが決定した研修生の情報を事前に、できるだけ詳しくホストファミリーの皆様に提供できるように努めております。又同様に、ホストファミリーの皆様の情報も研修生側に事前に提供させていただきます。
 ホームステイ前に直接会って話ができる機会としては、開講式・茶話会がございます。この場で研修生の好みを確認し、ホームステイで一緒に何をしたいか、というご相談をされる方も多くいらっしゃいます。何より、事前に顔を合わせることでステイ当日にはお互いの緊張感も和らぎますし、より身近に感じることができると思いますので、ぜひご出席ください。各イベントの詳細については、IATSSフォーラムホームページをご参照いただくか、IATSSフォーラム事務局までお問い合わせください。

☆研修生の話を聞いていたら、私もIATSSフォーラムのプログラムに参加してみたくなりました。参加は可能ですか?

 IATSSフォーラムのプログラムのうち、一部セミナーにつきましてはボランティアの方々にも参加いただける公開講座(要予約)の形式を取っております。 また、「文化紹介」などのプログラムもボランティアの方々にご参加いただけます。
 公開講座や各種イベントにご興味をお持ちの際は、IATSSフォーラム事務局までお問い合わせください。

ホストファミリー募集についての問合せ先

公益財団法人 国際交通安全学会 IATSSフォーラム
〒510-0201 鈴鹿市稲生町7992
TEL:059-370-0511 / FAX:059-370-0505
URL:http://www.iatssforum.jp
Eメール:hirono.y@iatss.or.jp / ikeda.t@iatss.or.jp
担当:廣野(ひろの)/池田(いけだ)