プログラム

Home > プログラム > 施設と生活

施設と生活

IATSSフォーラムの施設

IATSSフォーラムの施設は鈴鹿サーキットホテルサウス棟内に所在しています。 施設内には55日間の日本での生活に必要な設備が全てそろっています。セミナーホール、コンピュータールーム、カフェテリア、図書室、レクリエーションルーム、ランドリー、キッチン、礼拝室などの設備を備え、また個人用自転車の貸し出しも行っています。
※施設内はWi-Fiが飛んでいるので、どこでからでもインターネットにアクセスできます。

  • セミナーホール

    フォーラムのメイン会場です。セミナーの講義を受けたり、グループ研究の発表会をしたり、全員で集まる際はここで。

    セミナーホール

  • コンピュータールーム

    18台のPCを完備。24時間オープンで研修生はいつでも好きな時に使用することができます。PCを囲んで一緒に宿題やアンケートをするなど、研修生同士の交流の場です。

    コンピュータールーム

  • 図書館

    1000冊以上の蔵書があります。歴代研修生や現地委員からの寄付図書もたくさん。グループ研究のディスカッションの場所としても活用されています。

    図書館

  • 会議テーブル

    解放感のあるスペースで、グループ研究のディスカッションの場所としても活用されています。

    会議テーブル

  • 個室

    研修生の居住用には個室があり、快適な生活が約束されています。

    個室

  • カフェテリア

    毎日の昼食・夕食はここで。食事をしながらその日学んだこと・体験したことなどをみんなで話したり、リラックスした食事時間を過ごします。サーキットホテルのシェフが腕を振るった料理は、研修生から大好評です。

    カフェテリア

  • ピアノラウンジ

    グループ研究のディスカッションやカジュアルなミーティングに最適の場所。

    ピアノラウンジ

  • オープンスペース

    ピアノラウンジ横の広いスペース。文化交流会の準備をしたり、夜中にみんなで集まって語り合ったり、ゲームをしたり、みんなでわいわい過ごすには最適の場所。

    オープンスペース

  • レクリエーションルーム

    和室でみんなで団らんできるスペース。大きなテレビがあり、みんなで一緒にテレビや映画を見たりできます。

    レクリエーションルーム

  • 礼拝室

    イスラム教徒の研修生にも安心して参加していただけるよう、礼拝室もあります。

    礼拝室

  • 生活に必要な設備

    洗濯乾燥機、個人用貸自転車、キッチンも完備。

    生活に必要な設備

鈴鹿サーキット

鈴鹿サーキット(すずかサーキット、Suzuka Circuit)は、三重県鈴鹿市にある国際レーシングコースを中心としたレジャー施設で、F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの開催で知られています。レーシングコースの他に遊園地やホテル等があり、モビリティリゾートとなっています。

三重県鈴鹿市にあり、日本第三の都市、名古屋市から南へ約50km(電車で約40分)の位置にあります。

鈴鹿サーキット

研修生は無料でサーキットホテル内の設備を利用できます。テニスコートや温泉、温水プールが敷地内にあり、休日もリラックスできる環境を整えております。※一部有料

鈴鹿サーキット クア・ガーデン