同窓会

Home > 同窓会 > 各国の活動

各国の活動

プロジェクト活動

タイ同窓生が孤児院に新年のプレゼントを贈る

タイのIATSS同窓会は、2013年12月13日、全ての子供達がクリスマスまたは新年にプレゼントをもらえるようにと、自給自足を目指しているChaiyapruk Foundationにいる孤児たちにプレゼントを贈りました。同窓会ディナー時に同窓生から寄付された全部で50箱のプレゼントを、12月29日に孤児のもとに届けました。孤児たちは、いつもはクリスマス・お正月をプレゼントなしで迎えるので、同窓生が贈ったプレゼントをとても喜んでいました。また、同窓生たちからの寄付金でドーナッツやゼリー、キャンディーなどを買い、この特別な日を一緒に祝いました。

タイ同窓生会長は「私達はIATSSフォーラムにとてもいいチャンスを与えられたので、今度は私たちが他の人々にいいチャンスを与えていきたい。同窓生活動の一環として、社会に恩返しをしていきたいと思う。」と目的を話してくれました。

画像

Education Charity Event (2013)

カンボジア、プノンペン郊外のタケオ州の村にあるコミュニティーセンターで、教育の大切さを啓発するチャリティーイベントを実施しました。49回同窓生を中心に、IATSSフォーラム研修で学んだことを母国の人々と共有する機会になりました。
この村には、辞書を初め教育に必要な補足的教材がありません。ほとんどの学生は学習意欲旺盛ですが、貧困のため本を買うことができない状態です。
そこで、カンボジア同窓生からの寄付金と第49回IATSSフォーラム時のチャリティーオークションで集まった寄付金を使い、教材配給だけでなく、同窓生たちがIATSSフォーラムで学んだ事を共有したり、フォーラムで行われていたモチベーションアップゲームやリーダーシップスキルアップアクティビティー等を参加者達と一緒に行いました。

このイベントを通して、この地域の若者を励まし希望を与えること、IATSSフォーラム研修の体験を共有すること、将来を担うこの地域の学生たちの可能性を高め、共に学び知識を深める機会を与えることが出来ました。

画像

Cooling Cambodia(2012)

カンボジアの首都プノンペンの学校で電力消費を減らす為の教育ワークショップを実施しました。

第48期生(2011年)ジェイミーさんを中心に、グループ研究で企画したプロジェクトをベースに、カンボジア同窓会として実施しました。
都市家庭の電気消費量を減らすことで、温暖化防止に貢献することを目的に、自転車発電機を使用し、ラジオやテレビなどの家電を動かすのに必要なエネルギー量を体感するワークショップを実施しました。またリサイクル紙で風車などのおもちゃを作る体験を通して、TVゲームやTV以外にも、環境に負荷をかけず楽しく創造的に遊べるということを伝えるきっかけとなりました。

画像

Campus & Community Eco Action Project (2012)

2011年度、第48期生(2011年)ポンコイさんを中心にグループ研究で企画したプロジェクトをベースに、フィリピン同窓会活動として実施しました。 フォーラム研修期間中、彼が属したグループ研究チーム"3R for 3G"が提案したプロジェクト内容を、彼の所属する大学と地域の理解・協力を得てフィリピン・ダバオ市で実現したものです。

3月2日&7日に行われた初回プロジェクトの実行状況についての報告がありましたので、紹介します。

画像

各国の同窓会活動(PDF)

  • カンボジア
  • インドネシア
  • ラオス
  • マレーシア
  • フィリピン
  • シンガポール
  • タイ
  • ベトナム
  • ミャンマー

同窓会ニュースレター

IATSSフォーラム同窓会ニュースレターは同窓会10ヶ国(ASEAN9ヶ国+Japan)が協力し発行しています。
各国から選出された編集担当者が中心となり、各国同窓会の取り組みや、同窓生のフォーラム後の様子など最新の情報を掲載しています。

国際同窓会

第7回 IATSSフォーラム 国際同窓会

2013年6月、各国同窓生とベトナム委員会、日本大使館ら関係者約100名がベトナムの首都ハノイに集結しました。

2012年11月の国際諮問委員会で採択された鈴鹿宣言をもとに、28年間のフォーラムの振り返りと今後の方向性について同窓生に共有すると共に、今回初めて同窓生全員へフォーラム参加後のアンケート行い、集計結果を共有しました。また、当日のディスカッション等を通し、同窓生がフォーラムへの関わり方を約束したハノイ宣言を採択しました。翌日は、シティ・ツアーでハノイ市内を散策し、美しいハノイの伝統、文化に触れました。

今年2013年は、日本とベトナムの国交樹立、及び日本とASEANの関係樹立から40年という記念すべき年であり、本事業が同窓生間の友好を温め、フォーラムの今後の発展に繋がるものとなったこと、また、日本・ASEAN内の更なる交流の懸け橋になったことを期待します。

画像同窓会の様子

画像ハノイ・シティー・ツアー

アーカイブス

各国同窓会のホームページ

  • マレーシア
  • フィリピン
  • タイ